防蟻対策は継続が大切です。

木造住宅は新築時に防腐防蟻処理を実施することが建築基準法で規定されており、一般的に防蟻薬剤が処理されています。しかしながら、新築時に処理された防蟻薬剤は、自然環境の中で徐々に分解され、5年を目処に効力が失われます。薬剤の効力が失われた住宅はシロアリの格好のターゲットになってしまうため、施主様にとって大切なお住まいをシロアリから守り続けるためには、5年サイクルで防蟻再施工(防蟻薬剤の再処理)を繰り返すことが必要不可欠です。

タームガードシステムは
防蟻再施工が簡単!

タームガードシステムは防蟻再施工を最大限簡単に実施するために開発されたシロアリ防除システムです。建物新築時に薬剤処理用の穴が開いたパイプを建物基礎外周の土壌中に埋設するため、防蟻再施工は建物屋外の地表面に設置した薬剤注入口から防蟻薬剤を注入するだけで実施することが出来ます。床下全体への薬剤散布が必要だった従来の防蟻再施工と比較して、作業効率が飛躍的に改善されました。

低コスト・低負担で
再防蟻施工が可能!

作業効率の改善により、防蟻再施工の作業コストが従来の施工(床下全体への薬剤散布)と比較して大幅に低減しました。また、タームガードシステムは床下を含む居住空間に薬剤を散布しないため、施主様が日常の生活を送りながら防蟻再施工を実施することができ、ご負担をおかけしません。このようなタームガードシステムによる低コスト・低負担での防蟻再施工の実施が、5年サイクルでの防蟻再施工の継続を可能にし、大切なお住まいを一生涯シロアリから守り続けるシロアリ生涯保証を実現します。

タームガードシステムによる「シロアリ生涯保証」とは、防蟻再施工を低コスト・低負担で実施することができるシステムの特徴を活かし、建物新築時のシロアリ保証終了後、5年サイクルで防蟻再施工を継続実施し、一生涯に渡りシロアリ保証を継続する仕組みです。